水と音楽で遊ぶ〜癒しの探求〜

水の音を聴くと得られる癒しをどう音楽で表現するかを水と遊ぶ中で発見したことを記録しています。

遊び仲間(人間関係)

水の映像と音楽を組み合わせて水の癒しを表現してみる。(映像作家さんとコラボしたい。)

[水の癒しの音楽/くつろぎの時間と空間]〜ココロが浄まる、ある雨の日の京都のとある神社の手水舎。 [立体音響]水の風景から見る観光地、京都ー夕暮れ時の鴨川ー 1:新たな形で水の癒しをお届け 2:イメージしている作品像 3:今現在足りないもの 4:遊…

遊びには必ず中心人物がいる!!ー理想的なリーダーになるための3つの必要条件(その2)ー

前回はリーダーのタイプと遊びの中心人物の特徴から共通点を見出すことで理想的なリーダーになるための条件を2つ見つけましたね! 1つ目は謙虚さ・素直さを失わないように情報を積極的に取り入れること 2つ目はエゴを消失させること otomizu.hateblo.jp …

遊びには必ず中心人物がいる!!ー理想的なリーダーになるための3つの必要条件(その1)ー

遊びの中心人物とリーダーの関連性について3回連続でお伝えしてきましたが今回で結論を述べたいなと思っています。 色々書いているうちに楽しくなっちゃって話が長くなる時ってありますよね? それですね、はい。 さて、以前までのまとめを前の記事から引用…

遊びには必ず中心人物がいる!!ー(番外編)遊びを思いついたら即実行!ー

先の2記事に続いて今回も遊びの中心人物とリーダーとの関係がについてご紹介しています。 otomizu.hateblo.jp otomizu.hateblo.jp この記事を書いているうちに自分でも大きな気づき?を得ることができました。 前回の記事でSNSが遊びを見せる(魅せる)最適…

遊びには必ず中心人物がいる!!ー遊びの天才は遊びを楽しみ、魅せる存在ー

前回はリーダー論にあるリーダーの3つのタイプについて記しました。 otomizu.hateblo.jp さて、今回はこの3つのリーダータイプが遊びの中心人物の特徴とどのように関係しているのかについてご紹介しようと思います。 1:遊びの中心人物になる人とは 2:…

遊びには必ず中心人物がいる!!ー3つのリーダータイプの特徴ー

何か遊びをするときには必ずその遊びを思いついた人、遊びに誘ってくれる人など遊びの中心となる人物が存在しています。 遊びの中心人物はリーダシップを発揮して自らの遊びに他人を誘い込みます。 リーダーシップは社会において大いに役立ちますが、遊びに…

会社とは遊び場である。ー職場環境は遊びの考えで改善されるー

会社の雰囲気に馴染めない・・・。という方にお届けしたい、遊びの考えの威力。 仕事が遊びであるという考えを前提条件にしたならば、会社は遊び場になります。 会社は遊ぶ場所であるという考えを身につけたら仕事はどれだけ楽しくなるのでしょうか? 職場環…

仕事でミスを連発したらヘコむ必要あるの?? むしろラッキーじゃん!? 

新しい仕事を任された時には慣れない仕事が多すぎて、 ゔぁ〜〜〜〜〜もぅ〜〜〜〜となります。 ええですやん。 ミスした分だけ伸びしろがあるのですから。 とはいえ、自分の至らなさにショックを受けて気持ちがヘコんじゃいますよね。 そんな時は、このBGM…

新入社員必見、職場の人間関係ー上司・同期は一緒に遊ぶ仲間!ー

4月も半ばになり、新入社員の皆さんは少しだけ会社に馴染んできた頃ではないでしょうか。 そして、この時期から徐々にでき始める会社での新しい人間関係に悩みを抱えている方もいらっしゃるでしょう。 一体どのような人たちとどれくらい関われば良いのか? …

遊びのルールを知るークリエィティブな力を養うー

遊びのルールを知るからこそ遊びが面白くなるのです。 ルールと聞くと、規制があって自由がきかないイメージが浮かび、遊びのイメージとは相反するように思えます。 しかし、ルールがあるからこそ遊びが面白いと感じることができるのです。 今回は、遊びのル…

遊びは短時間集中で!ー短時間労働のススメー

遊びは短時間でするからこそ、楽しみを実感することができます。 今回は、仕事や遊びを短時間集中するメリットをメインにお伝えできたらなと思います。 今の常識もそうですが、私自身も1日のうちの大半を仕事や勉強に費やすことこそが 美学だと思い込んでい…

遊び=物事にのめり込む〜恍惚・フロー状態と遊びへの熱中〜

遊びに夢中になるためにはどうすれば良いのか? これは、遊んで生きるための方法を見つけ出すための数ある疑問の中でも主要な問いになります。 物事に難なくのめり込む時の状態を今一度観察し、遊びにのめり込むための条件を探っていこうと思います。 以前の…

遊びにはおもちゃが必要ー人生を楽しくするおもちゃとはー

遊びは時として道具が必要となります。 遊び道具はおもちゃという言葉で言われています。 人生を遊んで生きると考えるとき、人生のおもちゃが必要になります。 そのおもちゃとは一体どのようなものになるのでしょうか? 今回は、おもちゃのイメージから人生…

異次元の行動力!!ー遊びが源のフットワークの軽さー

遊びがうまい人はフットワークが軽い! フットワークが軽い人は行動力が凄まじく、人よりも多くのチャンスをつかんでいきます。 今回は、行動力が欲しい人、なかなか自分から積極的に動き出せない人にぜひ読んで欲しい内容です。 筆者はもともと人よりも行動…

他人の遊びに浸ることのメリット

他人の遊びや仕事ぶりを見て心を動かされるような経験をすることは、自分の遊びをより楽しくするためにも大切です。 なぜ他人の遊びを見たり、一緒に遊んだりすることが重要なのかについて今回は他人の遊びを(見ることやお金を払うこと)消費することのメリ…

遊び仲間を作る(人脈形成)〜一人で遊ぶことの意味〜

仕事や勉強を遊びと考えるならば、それらを一緒にする人たちは遊び仲間であるということができます。 遊び仲間というのがどのように作られていくのか、遊び仲間ができるプロセスを子供の頃の遊びと照らし合わせながら考えていこうと思います。 遊び仲間とビ…

アウトプットしてからインプット

アウトプットとインプットは遊びの一部ですが、その遊ぶ順番によって遊びの楽しさが大きく異なります。 結論から言えば、アウトプットが先でインプットが後なのですが、今回はその順番が良いと考えるワケをご紹介していこうと思います。 otomizu.hateblo.jp …

習慣づけ×遊び心=余裕ができる

すべてを遊びとして捉えることが余裕を持つことにつながります。 日々の行動を習慣づけすることによって自分のキャパシティに余裕を持たせることができます。 習慣づけすることに加えてさらに、遊びの考えを取り入れることによってより余裕を持つことができ…

遊びのスイッチが入るときー本気になる方法ー

本気になるのではなく、本気になるべき時が来たら自然と本気になれます。 自分のやりたいことが漠然と見えているのだけれど、うまく全力を注げない。 そんな状況のとき、目標のために全力を注げない自分に苛立ちを覚えるかもしれません。 しかし、本気になる…

本の読み方1:通読の方法ー通読が遊びの道しるべになる

さて、今回は通読について御紹介します。 通読とは、1冊の本を繰り返し(できるなら一生リピートするくらいの気落ちで)読むことです。 世の中には、いろいろな本の読み方がありますが、その中でも通読という読み方は非常に重要に思います。 なぜ通読が重要…

フィードバックという遊びの遊び方ーなぜ振り返ることが大切なのかー

フィードバックという言葉は、ここでは今まで取り組んでいた遊びを振り返ることを意味します。 つまり、フィードバックとは自分がした遊びから何を得たのか?について見直す遊びであると言えます。 ただ遊ぶだけではより面白く、楽しい遊びを見つけ出すこと…

アウトプットとインプットの絡み合う遊びのプロセス

アウトプットとインプットは両方やって初めて意味をなします。 勉強でも仕事でも、すなわち遊びの基本となるアウトプット・インプットは遊びを楽しくするための重要な要素です。 日本では、インプットを丁寧にしてからアウトプットを行おうとするので、アウ…

遊びは勢いがあるうちにー流れをつかんで動くー

鉄は熱いうちに打て・ケツは臭いうちに拭けと言われるように、遊びも勢いがあるうちにする方がより楽しいです。 流れに沿って泳ぐ方が楽なように、その時のやる気・気分を読むことが遊びの流れを読む手がかりになっています。 流れをつかんで、流れに沿って…

遊びは飽きるまでやるー飽きた遊びの行方ー

遊びは飽きたからそこで終わりではないのです。 前回、遊びには突然飽きるときが来ることをご紹介しました。 otomizu.hateblo.jp 遊びはだんだん飽きるというものではなく、突然に遊びに対する意欲がなくなるのです。 だんだん飽きてきたと感じている時は、…

語学(英語)の遊び方ーインプット編ー

学校で教えられた勉強法、巷で言われているような勉強法は4技能のうちのどれかに特化しているか、読む・聴くだけに特化した方法が多く、全技能を網羅している遊び方がないように思えます。 ずっと語学の遊び方を探し続けているのですが 、最近、英語ばかり…

4つのひとり遊び〜より高度で楽しく遊べるようになる方法〜

ひとり遊びはより面白い、楽しい遊びをするために必要な遊びです。 より高度な遊びほど難しく、そして楽しいという事実があります。 例えば、難関大学に合格するというのは誰もができる遊びじゃないからこそ出来た時の達成感、そして取り組んでいる最中の楽…

相手に対する興味から遊びを見つける方法

子供の頃は何も意識せずにできていたことが大人になるにつれて恥ずかしい気持ちが邪魔をして出来なくなっていたこと、ありませんか? いきなり重い問いかけをしましたが、周囲を見渡してみて改めて思うのです。 例えば、自分が「いいな。」と純粋に思う異性…

やる気が出るプロセス 〜嫌な感情とうまく向き合う〜 後編

前編では主にネガティブな感情の利用の仕方について見ていきました。 怒りや悲しみを他人ではなく自分の無力さに向けてみる。 悲しみは自分の欠点に気づくために必要で、現実逃避することも決してダメなことではないのです。 逃げたい時は逃げればいいですし…

やる気が出るプロセス 〜嫌な感情とうまく向き合う〜 前編

悔しさや怒り、悲しみは普通はイヤな感情として捉えられるので、なるべくこれらの感情を抱かないようにしようとします。 しかし、遊んでいる時にこれらのマイナスな感情を抱くことはごく当たり前のことなのでネガティブになることは避けようがありません。 …

遊びの拡大〜SNSから自然な人間関係が築かれるプロセス〜

遊びは最初は1人から始まります。 そして、自分が遊んでいることを知っている人が一緒に遊ぼうと声をかけてくれたり、自分のしている遊びを一緒にしてくれたりします。 このように、遊びは段々とする人、プレイヤーが増えて行く傾向があります。 では、どの…