お家で実践できる、最短30分で疲れを癒す入浴法

 今日はなんだか身体が重たくて動けない・・・。

 

 

 

そんな本当に疲れがたまっている時に私が実践している入浴の方法について御紹介します。

 

 

 

今回はお家でゆったりお風呂を楽しむための入浴手順に焦点を当てていきます。

 

 

 

 

 

 

 

1:湯船に浸かる(目安時間:10分)

f:id:tm12340809:20190416163829j:plain

 まずは湯船に3〜5分ほど使ってください。

 

 

最初は汗をかくために湯船に浸かります

 

 

 

汗をかく必要があるのは、体内の老廃物を汗と一緒に体外に出すためです。

 

 

 

疲れがたまっているということは、体内に老廃物がたまっていることも原因の1つになっています。

 

 

 

疲れを取るために最も重要なのは体内に蓄積した不要な老廃物を排出することです。

 

 

 

 

 

 

2:身体を洗う(目安時間:5分)

f:id:tm12340809:20190416163906j:plain

 湯船に浸かって汗を十分にかいたことで身体の外に老廃物を出すことができました。

 

 

 

今度は、この老廃物を体から完全に取り除く必要があります。

 

 

ですから、汗を流した後はしっかりと身体を洗ってください。

 

 

 

身体を洗う時に注意すべきことは、くさん汗が身体に付着しているのでそれらを残さず洗い流すことです。

 

 

 

最初に汗をかくまで湯船に浸かり、次にその汗を洗い流す。

 

 

この段位で、身体のケアは完了しました!

 

 

 

ということで次にするべきことは心のケアです。

 

 

 

さてさて、心のケアとはどういう意味なんでしょうか??

 

 

 

 

 

 

 

3:ゆったりと湯船に浸かる(目安時間:10〜20分)

f:id:tm12340809:20190416163941j:plain

 もう一度湯船に浸かることになるのですが、先ほどとは目的が異なります。

 

 

 

この段階で湯船に浸かるのは心のケアをするためです。

 

 

 

普段は、お風呂をさっと済ませる方が多いでしょう。

 

 

 

 

短時間でお風呂を済ませる時、確かに身体を綺麗にすることはできるでしょう。

 

しかし、心のケアまでできているかといえば疑問が浮かびます。

 

 

 

 

身体よりも心が原因である疲労の方が多いと私は考えています。

 

 

 

 

普段、身体的な疲労を取り除くことをできていたとしても心因的な疲労は蓄積されたままになっていて、その結果として身体が重く感じる日が生まれてくると思います。

 

 

 

 

毎日心のケアをすることは時間的に難しいかもしれません。

 

 

 

 

ですから、時々今回ご紹介した入浴法の実践、2度湯船にゆったり浸かることが効果的なのです。

 

 

 

1度目は身体のケア、2度目は心のケアのために湯船に浸かることを意識してみてください。

 

 

 

文章の分量からもうお気づきだと思いますが、この2度目の入浴が疲れを癒すポイントです!!

 


[お風呂・入浴用BGM/水の癒しの音楽]〜お家で露天風呂を体感できる!?BGM


[お風呂・入浴用BGM/水の癒しの音楽]〜湯船に潜った時の静けさを味わえるBGM

 

 お風呂用BGMを聴きながらゆったりとお風呂に入ってみましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

4:軽く身体を洗う(目安時間:5分)

f:id:tm12340809:20190416164022j:plain

  さて、ゆったりと湯船に浸かった後なので当然汗をかいています。

 

 

 

しかし、この時の汗は老廃物よりも水分が多いです。

 

 

 

これ以上身体を洗おうとすると身体に必要な油分まで洗い落としてしまう可能性があります。

 

 

 

 

ですから、最後の仕上げとしてシャワーでさっと身体全体を水だけで洗い流してください。

 

 

まとめ

 以上の4段階のお風呂の過程を完了するとだいたい30〜40分程度になります。

 

 

 

  今回のお家でできる入浴法のポイントは2度湯船に浸かること!!

 

 

 

 

 

意識していただきたいのは、身体のケアと心のケアを別々にしっかりと施すことです。

 

 

 

心の疲労は想像以上に大きいものです。

 

 

 

そして、心のケアをするときにBGMを用いると回復効率が上がります。

 

 

 

この入浴法を実践して是非とも心身の疲労回復を。

 

 

今日も一日お疲れさまでした!!