新入社員必見、職場の人間関係ー上司・同期は一緒に遊ぶ仲間!ー

  4月も半ばになり、新入社員の皆さんは少しだけ会社に馴染んできた頃ではないでしょうか。

 

 

 

そして、この時期から徐々にでき始める会社での新しい人間関係に悩みを抱えている方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

一体どのような人たちとどれくらい関われば良いのか?

 

 

 

もしくは、周りの人たちとどうやって仲良くなれば良いのか?という疑問を抱いているかもしれません。

 

 

 

 

今回は、どのような人間関係を理想として築いていけば良いのかについて遊びの考えを導入して解明していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1:利益追求の人間関係

f:id:tm12340809:20190418175236j:plain

 人間関係の悩みはストレスになります。

 

 

なぜ人間関係に悩み、ストレスになってしまうのでしょうか。

 

 

 

 

私は人間関係で悩みを抱えてしまう1番の原因は、人間関係に利害関係を大いに持ち込むことにあると考えます。

 

 

 

つまり、相手そのものと関係を築いているのではなく、相手の持つ能力やステータスだけを見てその人と関わろうとしていることが悩みの種であるということです。

 

 

 

 

自分が出世するためにこの人と仲良くなっておけば後になってメリットがあると考えて関係を築いていませんか?

 

 

 

 

2:上司との関わり方

f:id:tm12340809:20190418175252j:plain

 人間活動の本質は遊びにあると私は考えています。

 

 

 

otomizu.hateblo.jp

 詳しくはコチラ↑

 

 

 

 

人間活動の一部である仕事も遊びであり、その仕事で関わる人たちは遊び仲間であると言えます。

 

 

 

遊び仲間と聞けば仕事場の上司の人たちとの関わり方も変わってきませんか?

 

 

 

上司の人たちというのは、今自分がし始めた遊びを長年やってきて遊びが熟練した人であると言えます。

 

 

 

 

だからこそ、遊び(=仕事)を上司の人たちから教わる必要があり、それゆえ上司の人と関わる必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

3:同期との関わり方

f:id:tm12340809:20190418175306j:plain

 自分が遊びの初心者であるのに対して、上司というのは遊びの上級者であり、遊びを教わるために関わる必要があります。

 

 

 

では、自分の同期とはどのように関われば良いのでしょうか?

 

 

 

 

同期とはすなわち、同じ立場である人たち、誰もが遊びの初心者であるのです。

 

 

 

同じ次元にいるからこそ会社で遊ぶことを通して互いに気づいたことをシェアする必要があります。

 

 

 

会社で共に遊び、遊び方に気づいたらそれをみんなでシェアする。

 

 

 

 

それが会社の同期という存在ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

4:遊び仲間を作るために

f:id:tm12340809:20190418175404j:plain

 同期と上司とはどのような存在かについて述べてきました。

 

 

 

 

それぞれの役割や立場が少し違うだけで会社の同期も上司も遊び仲間であるのです。

 

 

 

 

では、その人たちとどうやって遊び仲間として人間関係を築いていくのでしょうか?

 

 

 

otomizu.hateblo.jp

 一つは相手の今現在取り組んでいる遊び(仕事)に関わることです。

 

 

 

つまり、一緒に遊ぶことで仲良くなることができます。

 

 

 

 

子供の頃は当然のごとくわかっていたことなのに、大人になって一緒に遊ぶという意識が薄れていませんか?

 

 

 

つまり、ただ仕事を一緒にする仲間であるというだけでプライベートとの壁を作っている場合があるかもしれないのです。

 

 

 

 

 

一緒に遊んでいるんだという意識を持ちながら上司や同期、あるいは部下と一緒に仕事をしてみてください。

 

 

 

 

一緒に遊んでいると言う意識を持っていることで今まで重く利害関係だけで築かれていた人間関係が少しずつ変化し始めます!

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 一緒に遊ぶ(仕事をする)ことで上司や同期と仲良くなります。

 

 

 

 

つまり、上司や同期、部下は遊び仲間であり、一緒に遊ぶために存在しているのです。

 

 

 

 

 

今日から上司や同期と一緒に仕事をするときは、一緒に遊んでいるんだという意識を持ちながら仕事に取り組んでみてください。