遊びには必ず中心人物がいる!!ー3つのリーダータイプの特徴ー

 何か遊びをするときには必ずその遊びを思いついた人、遊びに誘ってくれる人など遊びの中心となる人物が存在しています。

 

 

 

遊びの中心人物はリーダシップを発揮して自らの遊びに他人を誘い込みます。

 

 

 

 

 

 

リーダーシップは社会において大いに役立ちますが、遊びにおいてどのようなリーダシップ性が育つのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1:リーダーのタイプ

f:id:tm12340809:20190427121550j:plain

 この世にはリーダーシップ論というものが存在しており、様々なタイプ分けがなされています。

 

 

 

私個人のタイプ分けでいうとリーダーはざっくりと3種類ぐらいいるんじゃないでしょうか?(てきとーですが)

 

 

 

 

1つ目は、何でも全て自分でやろうとするタイプのワンマンタイプのリーダーです。

 

2つ目は、自分の苦手な部分を他の人に任せる、役割分担タイプのリーダーです。

 

3つ目は、仲間が得意な業務をその人に任せる、委託するタイプのリーダーです。

 

 

 

 

 

 

それぞれのリーダータイプの特徴について見ていきましょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2:ワンマンタイプのリーダー

f:id:tm12340809:20190427121620j:plain

 ワンマンタイプのリーダーは語弊を恐れず言い換えると、独裁者ですね。

 

 

 

 

この言葉から感じることができるとおもますが、私はあまりこのタイプのリーダーが好きではありません。

 

 

 

 

なぜなら、彼らは自分こそが一番優秀であると疑わないので他人から学ぶ姿勢が欠如しているからです。

 

 

 

 

 

 

謙虚じゃないんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、このタイプには素晴らしい点が存在しています。

 

 

 

それは欠点と表裏一体ですがやはり能力が優れている点です。

 

 

 

 

 

つまり、このタイプは確かに優秀なのですが謙虚性に欠けるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

3:役割分担タイプのリーダー

f:id:tm12340809:20190427121634j:plain

 役割分担タイプのリーダーの最大の特徴は、自分の苦手な遊び(仕事)を認識していることです。

 

 

 

 

 

主体は自分にあり、遊び仲間は自分の欠点を補うために存在していると考えています。

 

otomizu.hateblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

自分のやりたい遊びに必要なパーツとして自分の遊びに他人を誘い込みます。

 

 

 

 

先ほどのワンマンタイプのリーダーとの違いは、自分の苦手な部分を認識しているという点で多少ならずとも謙虚な気持ちを持っていることです。

 

 

 

 

 

ただし、自分の欠点を補うという意識で遊び仲間を募っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4:委託するタイプのリーダー

f:id:tm12340809:20190427121717j:plain

最後に、委託するリーダータイプについてです。

 

 

 

 

 

このタイプのリーダーは遊びに興味を持ってくれた人を遊び仲間とし、その人の長所を把握して、その人の得意とする遊び(仕事)を割り当てることができます。

 

 

 

 

 

 

先ほどの役割分担タイプとの大きな違いは遊び仲間を集めるのではなく、集まってきた人を遊び仲間とすることです。

 

 

 

 

 

書き方から察せそうですが、私はこのタイプのリーダーが理想的であると思います。

 

 

 

自分の長所を認めてもらえて、なおかつある程度自由に遊ばせてもらえるんですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、私個人の経験から委託するタイプのリーダーの方はものすごく力が抜けています。

 

 

 

 

無駄な力が抜けているので良い意味で適当ですね。笑

 

 

otomizu.hateblo.jp

 

ただ、あまりに力が抜けすぎて肝心な遊びを適当にこなしてしまい、結果として仲間に迷惑をかける時もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ(ここ大事!)

 

とりあえず各タイプの長所・欠点を表でまとめてみましょう。

 

 

 

 

          長所             短所

ワンマンタイプ:有能             素直じゃない  

 

役割分担タイプ:苦手な部分を認識している   自分の欠点を補うための仲間

 

委託するタイプ:長所を認めてくれる      適当すぎる時がある

 

 

 

 

 

 

 

3タイプの違いは信頼から大きな違いが生まれてきます。

 

 

 

 

すなわち、遊び仲間を信頼できるリーダーほど仲間に遊びを任せることができるようになっていきます。

 

 

 

 

ワンマンタイプはおそらく遊び仲間を全く信用していないでしょう。

 

 

 

自分一人では遊べないとわかるようになると役割分担タイプに移行します。

 

 

 

そして、楽しく遊ぼう!という:意識に変化すると委託するタイプに移行していきます。

 

otomizu.hateblo.jp

 

 

 

 

 

次回は、この3つのリーダータイプと遊びの中心人物が具体的にどう結びつくかについて書いていきます!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

 

続編はこちら!!

 

otomizu.hateblo.jp