アトピーに「戦わずして勝つ!」には〜かゆみを受け入れる〜

f:id:tm12340809:20190905153754j:plain

  ここ最近ブログを更新できていませんでした。

 

アトピーの症状、かゆみと火照りが悪化して夜寝られなくなっちゃったんです。

 

2月にアトピーが爆発的に体に出て、背中と首と顔に、耳の中までもアトピーに侵略されてしまいました。

 

その時に比べれば今は顔の上半分だけでだいぶマシですが、とはいえ、かゆみと闘うことは苦しいことでした。

 

今回、アトピーと苦闘する中で気づいたことは「アトピーと戦わない」こと。

 

ブログをしばらく更新しない間に、私なりにアトピーのかゆみに対する態度、姿勢を180度転換してみましたので、今回はその内容についてお伝えしようと思います。

 

アトピーで苦しむ方にこの記事が届き、少しでも苦しみを和らげることができたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1:アトピーを針の塊と考える

f:id:tm12340809:20190905153814j:plain

アトピーのかゆみはただ掻けば収まるものではありません。

 

内臓、体の内部からかゆみが発生しているのでいくら掻いてもかゆみは残ってしまい、皮膚のダメージだけが蓄積されていきます。

 

とはいえ、かゆみをこらえろ!と言われて我慢できる痒さではないのです。

 

かゆいなら掻けばいい、と考えていました。

 

 

しかし、皮膚のダメージが甚大であることは事実であり、食事などでタンパク質を補っても足りないほど深刻な傷であることは間違いないのです。

 

 

皮膚のダメージを蓄積して、体を痛めつけてしまうことをなんとかして辞めたい!!

 

そこで、私はアトピーのかゆみをイメージしてみることにしました。

 

アトピーの実体をイメージすることで「視覚的に敵を知ろう」と考えたのです。

 

 

 

 

 

 

 

2:瞑想とアトピー

f:id:tm12340809:20190905153831j:plain

私は体調を崩した時や精神的に苦しくなった時に呼吸を整えてマイナスの状態をリセットするために瞑想するのですが・・・

 

 

 

 

あ、そういえば、新しい瞑想用のBGM作ったので是非ご利用ください。


[座禅・瞑想・ヨガ用BGM/水の癒しの音楽]〜水の揺らぎを感じながら呼吸を整え、チャクラを活性化させる〜

 

 

瞑想している時は、「呼吸する自分」だけをイメージしているのですが、ここでアトピーのかゆみが容赦なく襲ってきます。

 

otomizu.hateblo.jp

 

呼吸している自分を客観視しているのにアトピーのかゆみがそれを妨害しているのです。

 

 

 

しかし、このアトピーのかゆみを逆説的に捉えると面白いことがわかります!

 

より呼吸に集中するための試練としてアトピーのかゆみが現れたのだと考えたのです。

 

 

 

 

 

もし、アトピーの痒みすら物ともせず呼吸に集中できるようになったら、

 

より自己に向き合うことができる、

 

より高度な、ハイレベルな瞑想をすることができるようになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

アトピーをお持ちの方ならばその凄さがお分かり頂けるのではないのでしょうか。

 

 

 

 

あの痒さに打ち勝つほどの集中力を手に入れる、と考えてみれば

 

アトピーの痒さはむしろ大歓迎!と考えられるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3:アトピー(針)を受け入れる

f:id:tm12340809:20190905153851j:plain

アトピーの痒みを針の塊と捉えると言いました。

 

針の塊はある方向、すなわち針の尖った部分がまっすぐに自分に突き刺さったらその痛さは尋常じゃないです。

 

 

しかし、角度を変えればその痛みを和らげることができるはずです。

 

 

 

針でも尖っていない部分が自分に当たったところで、少しチクっとするな・・・ぐらいで済みます。

 

 

 

 

通常、アトピーの方は(以前の私も含めて)痒みに対して全面戦争、真っ向から反抗、拒絶します

 

このような反応をしてしまうがために、かえってアトピーの痒さが際立ってしまうのです。

 

 

 

 

 

全面戦争するので何としてでも敵、すなわち、アトピーの痒みに打ち勝とうとするのでステロイドを使用するなどの急場しのぎの行為をします。

 

 

 

もちろん、アトピーの初期の頃は痒みを受け入れることなんて到底出来ないと思いますのでステロイドを使って全身に起きているアトピーの火事を消火することが必要です。

 

 

 

 

ですが、ある程度アトピーの痒みの頻度が減った時、アトピーに対して冷静に向き合うようなコンディションになった時、アトピーに対して全力で戦うことをやめましょう

 

心がけとしては、アトピーの痒みが襲ってきた時「いいよ、痒みwelcome!,一緒に遊ぼう!」的な感じで。

 

 

 

 

 

 

4:アトピーに戦わずして勝つことを目指して

f:id:tm12340809:20190905153905j:plain

そもそもアトピーはそもそも敵なのか?という問いも浮かんできました。

 

 

 

このような考えに至ることができたのは、アトピーを自分で受け入れるようになってきたからかもしれません。

 

 

 

 

とにかくアトピーと戦わないこと、

痒みに対して拒絶しないことが痒みを和らげる最善の方法だという結論を

今回のアトピーとの苦闘の中で見出しました。

 

 

 

最後に、アトピー関連の記事をご紹介して終わりたいと思います。

 

otomizu.hateblo.jp

otomizu.hateblo.jp

otomizu.hateblo.jp